Profile
Selected Entries
Categories
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Archives
Links
Recent Comments
Others

Shu SAITO | 意識と五感の色

<< ある流れ | main | 理由にはならない >>
優しくされること
昨日は身内の件でいろいろと込み入った打ち合わせをしたせいか、
かなり気持ち的に疲れてしまったので、一軒お店によることにしました。
午後の時間に立ち寄ったそのお店には、顔なじみの店主を含めて3人いました。
店内で同時にその3人を見たのは初めてだったので、訊いてみると、
最近からこうしているというお話でした。

お店の雰囲気が随分さらに柔らかくなったなあと感じました。

空間と人。そこにいる人、そこに流れる空気を感じるために私はあのお店に行くのだな。


2杯目のコーヒーを頼んだ時にコーヒーと一緒に頂いたものがありました。
3人の会話の中で用意されたそれを頂きながら、自分勝手に優しくされたなあ、と感じつつ
なんとなく3人の気持ちというか、目に見えない私との対話があったような気がしました。
 
| - | 07:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
お久しぶりです。某高校の美術部に居た頃にはお世話になりました。加藤です。

先生、お元気ですか。
ぼくは大学で美術科教育学のゼミに入り、実技はやらないけれども、美術による教育ってなんだろう、ってことを考えています。

その関係で児童の絵を見る会や教育研究会など、札幌の美術の先生が多く集まるところに学生の身分ながら参加しています。

齊藤先生の話をすると、「あぁ、周さんねぇ、へえ君は周さんに習っていたのだね」なんて会話になることも多いです。

自分は今大学三年です。小学校教員を目指しているので、齊藤先生と職場を共にすることはないと思います。でもひょっこりどこかでお会いできるような、そんな気がしています。

また個展などありましたら、先生に会いに行きたいなぁって思います。寒くて、雪の多い日も続きますから、お体をお大事になさってくださいね。
| 加藤まさし | 2015/01/11 9:47 PM |
こんばんは。メッセージありがとう。
もうそんなに時間が経っているのですね。
村岡すみかのお母さんとは今年一緒に仕事をする機会がありました。
正月は3日くらいしか帰ってこないとかお母さんは話してましたが(笑)

美術教育の現場であれば多分造形連盟とかの集まりに顔を出しているのかな?
私はほとんど会議に足を運ばないから評判悪いでしょ(笑)

美術を教えるのは、技術とかだけではなくて人として生きるには何が必要かみたいなことだと思ってます。これじゃ表現が簡単すぎますねえ。

どこかで会いますよきっと。
その時にはいろいろまた話しましょう。

ではまたね
| さいとうしゅう | 2015/01/12 5:08 PM |









http://blog.shusaito.com/trackback/157