Profile
Selected Entries
Categories
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Archives
Links
Recent Comments
Others

Shu SAITO | 意識と五感の色

展欄会のあと
先月5月31日でクロスホテルの個展が終了しました。
お忙しい中、展覧会を企画して下さった大口さんをはじめシフトのスタッフの方々、
クロスホテルの方々、そして会場に足を運んで下さいましたすべての方に
感謝しております。ありがとうございました。






6月1日にクロスホテルの搬出がありました。
いつものことですが搬出というものはあっけなく
1時間程度で終わり、作業という言葉がぴったり当てはまる
印象でした。2週間もあっという間ですが、2ヶ月もすぐですね。



夜にはCAI02で開催された山本雄基くんのドイツ1年分の報告会。
参加は前半だけでしたが、内容の濃いとても良い内容で、
2005年のベルリンの個展に重ねて聴くことができ楽しい良い時間でした。








日曜日は、先日からはじまった(私の中では)畑仕事で半日過ごし、
久々に天気のよい土日を過ごした気がします。太陽を浴びての農作業は
きっと今日からの仕事にいきるでしょう。
今日もできることから一つ一つですね。
長い一週間になりそうです。






| - | 06:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
とても綺麗だったこと
2ヶ月のクロスホテルの展示も今日で終わりになります。
この2ヶ月にいろいろなことがあったのですが、
ブログの更新はほとんどしなかったですね。
多分書く周期が長いのですね。


今日は中央体育館で卓球のインターハイの札幌地区予選にかかわる
仕事をしていました。
試合を見ていて感じたことは、試合一つ一つにドラマがあって、
選手の動きも球の軌道もすべてがとても綺麗だったこと。一球一球に
込められた気持ちまで。
そして試合には「流れ」というものは確かにあって。
私は仕事の合間に見る試合の中にある「流れ」を感じながら真剣に決勝まで
観ていました。
卓球とは関係はない普段の生活からは見えてこないもの。
本当にすばらしかった。

今日一日の経験でみたものは,普段の学校の仕事や美術の授業とは違う、
新しいものをつくりだす為に真剣に自分と向き合う「人」の姿であり、
それはバスケ部だった時に感じていたものに近かったような気がするのです。
どこかで置き忘れてしまっていたもの。

美術という枠組みからだけではなく、専門外の中との関わりから何を見いだしてゆくか。
普段経験できないことにもいかに真剣にかかわるか。
最近始まった小別沢の畑での人との繋がりから見えてくるものも、
今日感じたことと同じものなのだと感じ始めています。





良い一日でした。
今日の仕事ができたことに感謝です。






















| - | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
工事が始まる
いつの間にか5月になり、クロスホテルの展示も後半に入り、
気持ちの変化が少し自分でも感じられる休日です。
珍しく家にいるのですがもう何週間ぶりか。
昼間の居間がこんなに光に満ちている。
忘れてました。



先日クロスホテルに小作品を15点ほど納品してきました。
2階のロービーからラウンジにかけて展示しているスペースの棚にあります。
まだ足を運ばれていない方は5月31日までですので是非行ってみて下さい。
奥のラウンジも作品を見るだけでも入れます。

いつもばたばたしていて拾い上げられないものをいくつか今日は見つけています。
毎年感じる春の匂いというか、土の香りみたいなものが私のなかにあって、
今日は家の掃除をしながらその香りを感じました。家の前に新しい家が建設され始めて
土を掘り返しているから?
そうだとしても土の香りは完全に雪に包み込まれていたわが家でしたから
やはり嬉しい。やっと5月になった実感がありました。





今までできなかったことに手を付け始め、それに伴い周りに迷惑をかけたりしていますが、
変化にはいろいろとそういったことがついてくるので仕方ないと思っています。
動かないと変わらないものが自分の周りにとても多い。
この歳になって、とかもやめて変化する方向を模索しています。
毎日選択の連続なのですが、よりシンプルに。いつも気をつけて、意識して。


| - | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
はじめの5日間
新学期も始まり、あっという間に
土曜日になりました。
雪が降ったりして春らしい雰囲気がない日もありましたが、
今日は気持ちいい日です。



クロスホテルの展示も始まって2週間経ちましたが、
まだ始まったばかりだというのも不思議です。





今日は相方の友人夫妻と食事で、
とても素敵な二人なので会うのが楽しみなのです。
その前に、6年つきあってくれた上靴がその役目を
終えたので、新しい靴を探しに行きます。




こないだのブログでこの6、7年の流れの書きましたが、
歳を重ねる中で、もっとちゃんとした「何か」にならなければという
気持ちがありました。今は「ちゃんと」に縛られた窮屈さを
手放すことで楽になってきています。
この5日間で職場の絵を架け替えたり、作品を増やしたり、
来週は何しようかと、小さいことを少しずつというところです。



明日は古民家再生協会のIさんの案内で、部活の生徒たちと古民家ツアー
です。天気が心配ですが、これも新しい試みなので前に進んでいる。
生徒も私も何を感じて何を吸収するのでしょう。









| - | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
日曜日
今日は休みと呼べる最後の日。
明日から怒濤の新しい学期が始まります。


2013年の最初の3ヶ月を考えると、よく車が故障して
修理する、の繰り返しだったことや、制作が滞って
前が見えなくなりかけた事も多々あったかな。
もちろん職場の仕事にも追われたりもしましたが、
4月1日から自分らしいスタートができたので
よかったというまとめです。展覧会も含め。
頂いた花がとても綺麗です。




人との新しい出会いや、温かい関係に助けられていることは
いつも変わらなく、ありがたい気持ちでいます。
身の周りをシンプルにしていくにはまだ暫く時間がかかりそう。
自分のキャパをわきまえて、それを越えての関わりは
無理がきてしまうので最近はしていません。



それでも今年は、今の職場でもっと良い環境づくりを
していきたいと思っています。
美術、たとえば色や形を、普段から意識する場をつくりたい。
今の職場に移って6年間できなかったことを
7年目の今年は積極的にやりたい気持ちが強くあるので、
まずは校内に色と形を拡げる試みを考えています。
自分一人の行動から少しずつ何人かの動きに広がってゆく
流れができればと思います。
なんかワクワクしますね。



今夜は家族会議をして色々深めることができたし、
明日からが楽しみです。


| - | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
感謝の夜
もうかなり明るい時間だと思い
起きてみると6時過ぎでした。
昨日はクロスホテルの個展のレセプション
で、疲れが残っていても目が覚めてしまうのは、
いい意味で早起きが習慣になっているのでしょう。
ゆっくり休めていないのはそれはまた問題ですが。




昨日は多くの方に個展のレセプションに参加して頂き、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
時節柄かなりスケジュールが詰まっているにもかかわらず、
足を運んで頂きありがとうございました。
1F、2Fの空間以外に展示しているホテルの客室まで
昨日はご案内できたことは良かったと感じています。



個展のレセプションをするのは札幌では7年ぶりで、
その7年間の流れも感じる時間になりました。
普段お世話になっているかた、いつも遊んでくれる友だちや
10年ぶりの再会もあったり、教え子に来てもらったりと
あらためて人のつながりについて想う夜でした。
私も少しずつ変わり、おつきあいさせて頂いている
かたも自然に変わってゆくのだと感じました。



会期は2ヶ月もあるので、途中で作品を入れ替えたり、
フロント横のインスタレーションを変化させたりしながら
進めていければと思っています。

まずは無事開催され、レセプションも終わりましたので
ほっとしているのが正直な気持ちです。



今日は少し午前中ゆっくりしてみます。



昨日は本当にありがとうございました。






















| - | 06:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月
色々あってさっき帰宅。
話をしていると時間が経つのが早い。


そうこうしているうちに、明日がレセプションパーティー。
といっても今日ですね、4月5日。
パーティーは展覧会初日は厳しかったので5日にしました。
そして、会場には初日から足を運んで頂き感謝しております。



「昨日からの眺め」はいつもの自分の心の持ちよう
みたいなところから展覧会のタイトルにしたものです。
私は今自分が過ごしている場所、やっていること、人との関わりを
昨日の視点から眺めて、今日という日を自分なりに確認することが
多くあります。私に限らず「今」という時間は過去の集積の上にあるという
感覚そのものを一種の風景にも似た色と形で表現しているからです。



そうして描きながら、今自分の周りで起こっていることや自分にできること
は何だろうかと考えてもいます。今年こそ学校の仕事でもいままでやろうと
思っていて、でもできていないことにも手を付けたい。そこから何か変化が
生まれればいいなと感じています。



4月5日18時30分からクロスホテルでお待ちしております。
ご都合のつく方は是非足をお運び下さい。


まずは寝ます。


| - | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
区切り
今日は卒業式だった。
美術部員のみんな、おめでとう。
みんな楽しそうで元気で良かった。
毎年思うのだけど、
来週も普通に会えそうな気がする。
でもそうではない。
毎年そうなのだけど、慣れない。
いや、これは慣れてはいけないのだと思う。


それにしても3年間は早い。




そういえば、今日もいろんな場所で
美術にかかわる人たちが
さまざまな取り組みをしている。
来年のこともあるから「札幌で自分は何をするのか」
を考える人が多いからだろうか。
そして最近、札幌の〜とか、札幌で〜、
札幌らしい〜、いう言葉を
まず最初に聞くことが多い。
気のせいか・・・・





それと告知です。
4月1日からクロスホテル札幌での個展があります。
1年ぶりの個展なのでまた何か前進した部分が
形になるよう準備しています。
先行して、今行われている
クリエイティブ北海道展の場所の一部に
一点作品を置きました。
4月5日にオープニングパーティーの予定です。
詳しくはブログにも載せてゆきます。



ほぼ3ヶ月ぶりに更新しました。
世の中はずいぶん変化していて
このペースでは社会の動きに
対応できないですね。
徐々に元に戻していこうと思います。
そういう気持ちになってきています。








| - | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
真冬
 土日は歌の歌詞からさまざまなことを連想したり、振り返ったりしていました。

良い展覧会にも足を運んで新たな出会いもありました。

ブログも書きたい時だけにしたら簡単に一ヶ月くらい間があいています。

それが自分には自然なことのようで無理がなく、脅迫観念もないのが

なお良いのです。

曲を聴いたりすることからくる何とも説明の仕様もなくこみ上げてくるものは

いったいなんなのだろう。この気持ちを大事に作品に落とし込んでいくことが

一番自然な制作なのでしょう。

ゆっくり来年の4月の準備をしています。

 


今、FILという札幌のWeb Magazine の心象風景

http://www.fil-sapporo.com/shinshoufukei.html

というところに文と写真を載せさせて頂いてます。父との展示の終了に合わせて

(偶然ですが)載せるお話を頂きました。

自分の気持ちがぶれていない時で、なんかこう、大きな何かを無事やり終えた感じ

にも似ていたかもしれません。だから制作について、

それを言葉にするにはとても良いタイングだったかなと思うのです。

それくらい9月から11月の中旬まではかなりもがいていました。

今少しずつ、いらないものややり終えたことを手放し始めたので、

更に楽にもなった気がします。

 

取り戻せない時間があります。でもその時、その時に選択した流れが今であり、

できれば明日が来なくても充分満足な今であればいい。

それにしても想いを言葉に変えるための語彙が、

自分にはあまりにも少なく表現したいことには遠く及ばないですね




 

| - | 07:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
ながれ
展示も残すところあと一日。今日は結構な時間、
会場にいることができました。周りの人たちに感謝。

40年ぶりとか、それ以上の人との再会があるのが
凄いことですね。私ひとりだとまず無いことだと思います。
そして今日は父親の関係の方たちとよく話をする
日でした。それと夕方、Kさんが私と父の写真を
撮って下さいました。何かの折にお見せできればと思います。
その後はMさんの新しい空間に服を観に行きました。



明日はできるだけ多くの人とお会いして
作品を見て頂ければと思います。

| - | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |